求められているデイサービス

デイサービスでの仕事では、ホームヘルパー、ケースワーカー、ケアマネージャーなどの介護職員が自ら送迎バスの運転を担当するケースもあります。そのため、介護の技術に加え、車の運転技術も求められることが増えてきています。ただでさえ大変な仕事とされている介護職員にとっては、ハードさが増すことにつながっているのかもしれません。
もちろんこれは事業所によって違います。ところによっては、送迎専門の運転手を雇っている事業所もあります。運転技術に自信の無い人は、こういった施設で働くのが良いでしょう。

高齢社会を迎えた日本では、日本国内全体で介護ニーズが生まれています。ケアハウスやサービス付き高齢者向け住宅、老人ホームなどの介護施設では、受け入れ態勢を整えるために多くの介護職員が東奔西走する光景が見られます。
介護職員の主な仕事として挙げられるのは、利用者の生活を介助することです。トイレ、食事、入浴、着替えなどをサポートします。あくまでも、サポートなので、必要以上に手を貸すことはせず不自由なところを手助けするという姿勢に徹します。
特に、デイサービスを受ける利用者の場合、毎日の生活をスムーズにできるようリハビリに力を入れているところが多いです。
介護職は苦労が多い分、利用者や家族などからたまにかけられる「ありがとう」などの感謝の言葉に救われるという場面があります。そういう時、人の役にたっているという実感が得られ、大きなやりがいにつながるのです。

2018年5月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし