夜勤ありの可能性もある

デイサービスの仕事には本来夜勤はありません。デイサービスの主な目的のひとつは、体が衰えて自宅にひきこもりがちになった高齢者にデイサービスを通じて、体を動かしたり社会とつながる機会を提供することです。食事や入浴で介助が必要な人も、安心して過ごすことができます。
しかし、いくら栄養バランスが良い食事をとれても、安全に入浴できるとしても、それだけでは通う楽しみがありません。高齢者が社会とつながり生きがいを持つには、楽しみも必要なのです。そこで、レクリエーションの提供も職員の大切な仕事になります。
デイサービスの仕事は日中で終わることが多いので、家族のいる主婦でも働きやすい環境といえます。

しかし、デイサービスにも夜勤がある場合があるということを知っておく必要があります。
一部の事業所では、お泊りデイサービスというサービスを提供していることがあるのです。これは、デイサービスを利用する高齢者が宿泊することができるというサービスとなっています。
その背景には、家族の少人数化などにより、1人への介護負担の集中や、夫婦や親子による老々介護の増加があります。介護者は睡眠不足やストレスで体調を崩す人も多いのです。
本来、そういった場合はショートステイを利用して、介護者の休息にあてることができるのですが、ショートステイは場所によって空きが少ないことがあります。
そこで、予約の取りやすいお泊りデイサービスの利用が増えているのです。
認知症などの症状がある人には、知っている職員のいる慣れた場所での宿泊になるので、夜間でも安心して過ごしやすいというメリットがあります。
このように、デイサービスの仕事でも夜勤がある場合もあるので注意が必要でしょう。

2018年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ

カテゴリー

  • カテゴリーなし